【仮想通貨積立】余裕資金中の余裕資金でスタートまでこぎつけたお話

PR

Zaifで仮想通貨積立スタート

満を持して、先月から仮想通貨積立を始めました。
Zaifという仮想通貨取引所では、口座振替で仮想通貨の積立設定が月々1000円からスタートできます。

余裕資金中の余裕資金を使う

今話題のビットコイン…積立開始前の数ヶ月、様子を伺ってはおりましたが、どんな要因で急騰暴落するか私にはさっぱりわかりませんでした。
株のように、ストップ高・ストップ安もないため、あっという間に急騰するし、翌日は急降下します。
この動きの大きさと速さを考えると、あと1年後、まったく市場の様相が違っているのかもしれませんし、3年後なんて言ったらどうなっているか全く想像もつきません。

ですので・・・
自分の財産の大部分を入れてしまうのは相当なギャンブルなので「無理」です。

巷では「ビットコイン詐欺」なんてのも横行しているらしいですし、そんなに大きな夢に浮かれて、一般人はメンタルを持って行かれないようにする必要があります。

計算どおりに人間は動けないことを学ぶ「行動経済学」

私の証券投資歴は約10年以上になりますが、まあいろんなことは一通り試してみたので、個別株などで利益を得たり、損をしたりの学びはありました。
そんな中わかったことは、「欲をだすとキリがない」ということです。

例えば10万円で買ったビットコインが100万円になったとします。
ビットコインを売って、90万円儲かった!…と喜んでいるのもつかの間、その後,
あっという間に200万円まで高騰していたら・・・?

90万円儲かったことを忘れて、「100万円損した!!!」と思ってしまうものんですよ。
悔しくてコントロールができなくなって、また買い直して、急降下・・・
こんなことを繰り返したりして、せっかくプラスだったものが結局マイナスになっちゃったり。

メンタル的にも効率的にも「ドルコスト平均法最強」

・・・ということで、サラリーマンが、ギャンブルチックな投資法をしてたら、とても仕事になりません。

今はコツコツとドルコスト平均法をしてほったらかしの「複利」の利益を得ているのが、メンタル的にも時間効率的にもすり減らない増やし方なんだな、と実感できます。

ビットコインはどんなことになるか想像はつきません。通貨もわからないですが、取引所だってどうなるかもわかりません。ハイリスクではありますが、現金が消えていく今の時代・・・自分が参加できる範囲で「通貨」の大きな変換点に、ちょっと関わってみたい、という気持ちがありました。

投資信託のドルコスト平均法同様に、コツコツとできるのであれば、ギャンブル1回でなくなっても痛くない程度の「余裕中の余裕資金」でスタートしてみる・・・というのが身の丈に合った投資法です。

積立投資ができる「Zaif」でスタート

私は「Zaif」という仮想通貨取引所でまずアカウントを作りました。
本人認証(身分証データ)を送った後、郵送による本人確認作業が入ります。
これで無事積立をスタート!となりました。

積立設定はまた次回お話します!

PR