インスタグラムを開始してからわずか10日目でバズった理由を考えました

PR

ペットのうさぎを飼い始め、飼育記録のつもりで始めたインスタグラムが開始約10日目でいきなり再生1万回を超えました。

どうしてこんなことが起こるのか?を考えた

Facebookの友人に「ゆる募」で情報収集してみたましたけれど、誰からもはっきりとした原因は聞き出せませんでした。

ただ、使い続けて4か月の現在、恐らくこの現象はこんなことによって起こったのではないかなぁ、と思われる理由を私なりに考えてみました。

恐らくバズらせたのは外国人ユーザー

外国人って良い意味でも、そうでない意味でもフレンドリー。

例えば、他人の投稿のコメント欄のなかで、オーナーを無視して気軽に友人とチャットしていきます。

そして他人の投稿写真を勝手に拾って自分のサイトにアップしたり、すごい人はタグづけも断りなくしてきます。

先日は、インスタグラムに私のプロフィール写真と全く同じ写真を使うアカウントを発見しました。これにはメッセージで「プロフィール写真はやめてくださいね。」とお願いしました。(すぐに変えてくれましたけど。)

他人の投稿を拾い集めて自分のサイトにしている外国人、インスタグラムの中にも結構います。

そんな感じで恐らく私の動画も拾われて、おそらくインスグラムとは別のサイトでシェアされたりもしていたのではないか?と推測しています。

英語のタグからの訪問者によるもの

インスタグラムを始めるまでは、「タグって何?」というレベルで見よう見まねで使っていましたが、意外とここを辿ってくる訪問者って、多いようです。これも日本人よりも特に外国人がよく使っているイメージ。

英語があれば、ほぼ全世界のユーザーが対象となりますから、やはり英語はインフルエンスさせるには必要な言語だと感じました。

バズらせたいなら、ズバリ

#buzzfeed ・・・話題の人気投稿を集めたサイト

#cutpetclub ・・・かわいいペット動画を集めたサイト

などでしょうか・・・。

ペット、動物のおもしろ動画ははバズりやすい

うさぎアカウントを数ヶ月間眺めていてわかるのは、フォロワー数百のアカウントでも再生回数1K越えの動画はよくあるのだということです。理由は、かわいいからです!

いわゆる「おもしろ動物動画」的なものはバズりやすいようです。それに先ほども紹介したような目的に沿うジャストなハッシュタグがついていればさらにバズ率は高くなります。

一度バズると再現率は高い

やはりリピーターやフォロワーが増えますので同じ現象が起こる率は高くなります。そうすると、「おすすめ動画」やタグ別の「人気投稿」の上位に紹介されることが多くなり、さらにフォロワーを量産します。

 

いかがでしょうか……。

私の体感による「バズ原因」の推測でした。

Posted from SLPRO X for iPhone.

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です