【HTML講座⑥まとめ】セクションタグをゼロから学びました

PR

セクションタグとは?

ページ内のある範囲が、意味をなすひとかたまりであることを、システムに示すために使われるタグです。

<body>

文書の「本体」であることを表すタグです。。

HTML文書<html></html>ではその中に1つだけ<body></body>(本体)が入り、bodyの中には見出しや段落や表やフォームなどが入ります。

<section>

一つのセクションであることを表します。

セクションであるときには必ず「タイトル」(=見出し)があるべきであり、ない場合につけるのは適切ではありません。

<nav>

ナビゲーションであることを示します。

ページ内リンク、ページ外リンクがあります。

<article>

「記事」ですよ、ということを示すタグです。

意味として伝わるひとかたまりですが、「記事」の中には、「記事」を入れることができます。

<aside>

補足情報・余談を表す。

例えば レシピをアーティクルに書く。

材料について補足情報を書くときに<aside>を使ったりする・・・

<header>

頭の部分(イントロダクションやナビゲーショングループ)であることを示す際に使用します。

見出しの<head>タグとは異なります。

<footer>

直近のセクションのフッタであることを示すタグです。

著作権や関連文書などの情報が含まれます。

<address>

連絡先や問い合わせ先のことを表すタグ。

記事対して、サイトに対しての問い合わせ先という意味であり、

「住所」に限りません。

 

 

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です