SATC臭に気をしつつ「今あえて」SATC名言に心打たれてみる

PR

女性にはバイブルだけど、男性にはどうなの?

サマンサ役のキムキャトラルはこの8月21日で61歳の誕生日を迎えたというニュースが流れてきました。月日の流れを感じます。

私たち世代の女性だったらみんな大好きだったであろう米ドラマ「Sex and the City」ですが、今になっても女性雑誌は時折特集を組んでいます。人気は今も健在ですよね。

私と同世代の女子は超絶大好きなこのドラマ、お年頃女子には是非おすすめしたい。でもね、決して大好きな彼氏と見てはいけませんよ・・・・

男は確実にヒキます。笑。

私の大好きな水野敬也先生は名著「スパルタ婚活塾」の中でおっしゃっています。

「どんなに美人であってもSATC臭のある女は確実にモテない」と。(涙)

「男にモテたい」と思っているならむしろSATCのDVDを今すぐ叩き割れ、と。(笑)

まずは敬也先生の名言から↓(J女子SPA!インタビューより引用)

SATC臭のする女の人は、無意識にどこか逃げてる、自己防衛が働いてるような気がするんです。何かを守ってる、傷つきたくない。もっと言うとナメられたくないのかもしれない。フラれたくないし、男も妥協したくないし、しょぼい男と一緒に歩いてたくない……みたいな。でもそれってカッコ悪いですよね。

ふむふむ・・・さすがです。痛いところ突かれちゃいましたね。

敬也先生のおっしゃるSATC臭の女とは?

● 声が優しくない
● 服とメイクの色が濃い
● 自虐ネタを使う

なるほど、これはモテそうもないですね。

こちらの元となるブログ記事がありましたよ。「ウケる日記」です。

水野敬也『SATC臭』

女性の心理を知りたいなら怖がらずに見てください

まあ確かに「モテたい」ならば先ほどの3つの特徴を逆手にとればいいわけです!!

「ジルスチュアート」のワンピなんかを着て、声を控えめにしていればいいと。

わかってますよ。わかってる女子はみんな、おのれのSATC臭を上手いこと隠してやってますから・・・心配しないでください。(笑)

ただいまAmazon Prime 会員ならば、映画版は無料で見られるようです。

でも個人的には「名セリフ多発」の長丁場のドラマを見てほしいですけどね。

恋人との喧嘩に必要なのは審判。誰も、言っていいことと悪いことを教えてくれないし、その結果、誰かが傷つくことになる。

何ひとつとして、「永遠」はないって。夢も、トレンドも変わる。ただひとつ言えるのは、友情は絶対に流行遅れにならないってこと。

元カレとのバトルは、一生続く。「どちらがより惨めな死に方をするか」という名の争いがね。

別れの後、一定の道や場所、そして1日のある一定の時間帯ですら、我慢できなくなる。街は感傷を刺激する地雷だらけの、荒れた戦場へと化す。どこへ行くにも注意しないと。さもなければ、身体ごと木っ端微塵になりかねない。

結婚は人生の選択だ。現実を見つめ結婚するか、いつまでも青春を引きずって空しくフラフラするか。

男がお金持っていたら魅力になるのに、なんで女だといろいろ不都合になるわけ?私は自分の成功を引け目に思うなんてまっぴらだね。

男性が大胆な行動をとると、一般的に、ロマンチックだと思うでしょ。でも女性が同じことをすると、どう思われると思う? 自暴自棄で、異常者。

ってことで動画も・・・探しましたが、キャリーのナレーションはみつからずです・・・・

ちなみに・・・スパルタ婚活塾も、傑作です

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です