脳科学を利用した「習慣」を味方につけるコツは「小さく」始めること〜「小さな習慣」Sガイズ著

PR

「習慣化」するために最も重要なものは「意志」です

 

そうではなくて、ごくごくわずかな意思で物事を「習慣化」させる仕組みを作ればいい。
それは「脳科学」を使って、自動化することが可能です。
モチベーションを上げたい、と思ってはいけない!のです。
疲れていたり、病気だったり・・・なんとなく不調なとき「モチベーションをあげる」ことは難しいけれど、なにか「小さな行動をする」こと事態に大きなモチベーションは入りません。

自動化すること、感情を持たないことが「習慣化」

 

意志力や自制心低下となる「自我消耗」の原因5つ

研究の結果、意志力や自制心の「敵」となる原因5つがわかりました。その5つに対し・・・「小さな習慣」がこれらを克服できる理由は以下の通りです。

  1. 努力・・・小さな習慣は努力不要である
  2. 困難の自覚・・・目標を小さくすることで困難をなくすことができる
  3. 否定的な感情・・・ほんの小さな習慣化だから特に不快な経験も起こらない
  4. 主観的な疲れ・・・小さな習慣であれば「疲れない」
  5. 血糖値・・・知的エネルギー効率が良くなる

 

脳が変化に抵抗する瞬間とは?

脳は「大きな」変化に直面するときに抵抗を感じる・・・とすると、「変化」を小さくすればいいわけですね。

そして変化は「最初のアクション」が一番難しい!!!これは感じます。最初の一回さえあれば転がりだすのです。

だからこそ「小さな一歩」=「小さな習慣」なんですね。

 

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です