会社設立後の法人口座開設・審査基準や書類の準備など「メガバンク編」

PR

設立後に真っ先にすべきことのひとつが法人銀行口座の開設です。

法人口座開設に必要な書類、準備事項

まず、法人口座を作るために必要なものは、だいたい以下のようなものでした。

  • 登記事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 官公庁から発行・発給された書類

具体的に、私が準備していた書類は以下のようなものです。

  • 履歴事項全部証明書(原本)
  • 印鑑登録証明書(原本)
  • 税務署に提出した法人設立届出書のコピー(受付印をもらったもの)
  • 会社の定款(コピー)
  • 出資者名簿
  • 会社説明資料(事業の概要、計画書)
  • その時点でホームページ制作の依頼をしていたので、そちらの見積書(コピー)
  • 本人確認用資料(免許証・コピー表と裏)

会社の実態があるかどうか?を確認される場合、「会社案内」や「ホームページ」があるかを確認されます。あればいいですが、創業当初からそこまでの準備ができていないということがほとんどです・・・。

その場合は、事業計画書等や、既に取引があった場合の「請求書」など、あるものは添付しておいた方がいいと思います。

メガバンクは審査が厳しめだけど信頼度が高い・・

ということで、私はまず、自分が新卒時からメインバンクとしている三菱UFJ銀行に、法人口座のネット開設で申し込んでみることにしました。

入力事項はWEBの数ページにわたり、数日かけて記入し、商標書類も添付・・・ようやく申し込んだと思ったら、「口座開設の支店選択が間違えている」という理由で不備を知らせるメールがさらっと送られてきました。

銀行側に基準があるならば、むしろそっちで最初から指定してくれればいいのに・・・選択肢に「この中から選べ」と書いてあるようにしか思えなかったんだけど。

もう一度WEB上の不備を確認しても、具体的な次の行動をどうすべきかがよくわからず。

その返信メールのそっけなさといったら、まったく親切さがありませんでした。要するに、新規の法人の口座開設を歓迎する雰囲気が無いのかなという印象。

私個人のメインバンクでもある三菱ですが、先方のやる気を感じられず、「私個人の口座ももうやめてやろーか?」と思ってしまいました。

みずほ銀行は親切かつ開設までの時間が早かった

こちらは窓口に行って申し込んだということもあり、全体で約1週間で口座開設の通知がきました。やはり、時間が許すなら、窓口に行って手続きしたほうが色んな意味で話が早いと思います。

同時に「みずほビジネスデビットカード」も作成しました。

ネット上で振り込み等の処理ができる「みずほビジネスWEB」も加入しました。ただこちらは半年は無料だけど、その後3000円の利用料がかかるとのこと。

メガバンクについては、振込手数料も高く、メインの口座としてはコストがかかってしまいますから、やはり別にネットバンクは必須と感じました。

みずほ銀行は、デビット利用で社長の経費用口座に

「みずほビジネスデビットカード」はVISAが使える場所なら利用できるとのこと。使ったその瞬間(かな?)に普通預金口座から現金が引き落とされます。

こちらは凄く便利なので、社長の経費に使っていただく口座として持っていようと思いました。

なおデビットカードの利用明細は、ネット登録すればダウンロードでき、経理にも安心です。

みずほビジネスデビット | みずほ銀行

 

PR