料理をロジカルに!「ホットクック」で超おいしく超簡単な調理方法を実践

PR

ついに購入しました。。。

欲しいものがありすぎて、何に投資すべきか迷っていましたが、まずはこれ。

ホットクックは決して安くはない調理鍋なので、大きさや置き場所や、夫への説明などの準備を経て。蓮時代とともに一気にキッチンを変えました。

炊飯器での「炊き込み御飯」が超おいしい

ホットクック購入前に、勝間和代さんのブログに習って、まずは自宅にある炊飯器での炊き込み御飯を試すところから・・・

食べたい具材をガンガン入れて、塩か醤油を入れて、ご飯と一緒に炊くだけ。

それ以外の調味料は特に必要なしです。

これならおかずを1品増やすより手間がない!!!

しかも「塩分を具材の0.6%(醤油なら3.75%)」にするだけなのですから、手順を考える必要がない。頭を使わずにすみます。

スイッチを入れてお風呂にでも入っていれば出来上がりです。

ホットクックは旧型2.4L

勝間さんが提唱する料理のロジックは

  • 沸騰させず、弱火でじっくり火を通すこと。
  • 弱火が守られていれば塩分0・6%のみ。

この2点を守っていれば、具材の味が引き立つ。

ということです。

ホットクックは無水調理が可能です。じっくりと弱い熱で火を通すことによって具材が持っている水分がだくさんでてきます。うまみが逃げません。

火加減や混ぜを自動でやってくれますので、先ほどの2つの理論を叶えることが簡単になります。

ホットクックには最近出たWi-Fiつきの新型と旧型、それぞれに1.6Lと2.4Lがあるのですが、私が購入したのは旧型2.4Lです。

どうやら1.6Lとの大きさはあまり変わらないとのことで、大は小を兼ねるだろうという考えで2.4Lにしました。最新型までは使いこなせる自信が無いので旧型で十分かなと・・それでも高かったけど、投資。

「とにかくなんでも具材を入れて、塩分0.6%の法則」というロジックでなんとかなってしまいます。すごい!!

 

コンビニに行くより簡単で美味しくなければ、調理は続かない!!

私は通常の料理、パン作り、お菓子作りの全てを習ったことがあります。それなりに美味しいものはできるし、やり方も大体はわかった・・・でも「続きませんでした。」

ある日、やる気になって準備すればもちろんできるのですが、それが毎日だととても続かないし、続ける気も起きなかったのです。

なぜなら調味料を揃えたり、準備の手順や、火加減など、全てに頭を使うし、キッチンにずっといなくてはならないということが、面倒になってしまうからです。

仕事で疲れ切って家に帰ってきて、そこからこれらの準備する元気はありません・・・

しかしながら、私でもできる!!!と思わせてくれたのがホットクックです。

スイッチさえ押せば、お風呂に入ったり、他の家事もできるのです。

これは投資の価値ありですよ。

勝間和代さんの「超ロジカル家事」はこちら

PR