ヒガシーサーさんKindle本第2弾~ブロガーとアフェリエイター、そしてブログの本質とは

PR

ヒガシーサーさんの「99%のブロガーが知らない月50万円稼ぐブログの仕組み作り」が面白かった

この本にはパートⅡが発売されていました。

第1弾よりさらに一段レベルを上げた内容で、面白かったです。
まず、ブロガー・ジェームスとアフェリエイター・ジョンという登場人物をモデルにして、それぞれの違いについてが書かれています。

ブロガーとアフィリエーター・違いと武器

おなじ「ダイエット」というテーマであっても、
ブロガーは「アクセスを伸ばすためのキーワード選び」をし、
アフェリエイターは「売り上げを伸ばすためのキーワード選び」をする。
ブロガーは「検索ボリューム」がありそうな複合キーワードを設定し、
アフェリエイターは「売れる」に直結するより具体的なキーワードを設定します。
・・・なぜならページビュー数よりも広告主とお客さんをいかに少ないクリック数でつなげるかがキーだからです。

ストック記事とフロー記事

ブログの収益化のためにはこれが大切な考え方となります。

フロー記事とは?

まずフロー記事とは一瞬のアクセスを追いかける記事のこと。
例えばSNSで「バズ」る記事や「グノシー砲」なんかがそうです。
「バズ」れば一瞬にしてアクセスが伸びるが、数日後にはゼロに戻り、それに頼っていると安定的な収益が得られません。

ストック記事とは?

「検索エンジンから検索される記事」のこと。
ノウハウや、情報のまとめ記事などがそれにあたります。
「おススメ格安電話まとめ」「京都旅行お勧めコース10選」などがストック記事です。
自身の体験談や季節キーワード(GW、夏休み等)の情報蓄積、これらが積み重なっていけばアクセスは安定していきます。

アフェリエイターに不足しがちなものは?

「ブランド力」です。
ブロガーは、記事の蓄積によって培われた読者との信頼関係があれば、勧めるモノが何であれ、「売れる」。
アフェリエイターの書く記事には、書き手自身の存在があまり見えてこない・・・
書き手自身の存在が見えてこないと、読者は簡単に離れて行ってしまいます。
アフェリエイター・ジョンの課題は「らしさ」を磨くことそして「差別化」・・・それが究極の「ブランディング」なのです。

ファンが離れない「仕組み作り」

このあたりの章に書かれていることはは私にはまだまだレベルが高そうです。
将来、「検索エンジン」の「アルゴリズム」が修正されて行くと、検索で生きてきた人が探されなくなるときが来るかもしれない・・・そうすると今のうちに「読み手」と繋がっていく仕組み作りをするべきだ、ということになります。
メルマガや、コミュニティーサイトの構築です。

ブログを続けたその先は・・・

「体験をし、その中でまた人と繋がり、またチャンスが訪れ、会いたい人に会える・・・」プロブロガーさんは共通してそういいます。
普通の一般人が好きなことを「情報」に変換するだけで、社会的な価値を作って、影響力も高めていくということ。
そして、「稼げればいい」というものではなく、関わる人たち(読み手)を幸せにしていく仕事であるということで締めくくられます。
これからのブロガーの未来は明るいぞ(たぶん)。
私ももっと「ストック記事」を意識して書いていかないといけないなと思いました。
ヒガシーサーさんの本第2弾はこちら↓

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です